スタッフブログ

冷静な人とは①

冷静な人とはどんな人なのでしょうか?いつも慌ててしまう、焦ってしまうという人にとって、冷静になる事はとても魅力的に感じると思います。それでは、冷静沈着な人の特徴を見ていきましょう。

・判断力がある。

冷静な人は判断力があると思われます。日々「物事をはっきりさせよう」や「しっかり決めよう」と考えているために判断力が備わっているのでしょう。そのように考える裏側で「だらだら考えても仕方ないし」という思いもあるかと考えられます。冷静な人はぼんやりと考えず、また他人の意見に左右されないように考えをしっかりとさせていると言えるでしょう。

・人生経験から自身がある。

冷静な人は自分にある程度の自信を持っています。その自信は自分の人生経験をきちんと評価できているところからきているのだと思われます。例えば職場で「この人はいつも冷静だな」と思える人がいたら、きっとその人は人生経験があらゆる分野で豊富だったり、その仕事にすでに慣れていたりして自信があるのだと思います。

・行動する前に考えるようにしている。

「考えるよりも行動」と考えている人は冷静な人とは言えないかもしれません。冷静な人は、行動する前に「いまこれを自分がしたら周りに迷惑かな」や「自分の行動でこのあとの展開はどうなるかな」などと、行動することで起こる影響をしっかりと予測しています。また冷静な人は、行動する前に周りに誤解を与えそうであれば事前に説明できる人とも言えると思います。

・開き直る気持ちも持っている。

冷静な人は、ある程度無理だと分かった段階で開き直り、諦める気持ちも持っています。「これ以上やっても仕方がないからやめよう。次回頑張ろう」と自分を自分で納得させることができる人と言えます。例えば、自分の力では難しい仕事を任された時、自分にはできないと分かった時に他の人に助けを求めたりなどできると冷静と言えると思われます。

・客観視することを大切にしている。

冷静な人は日頃から「物事を客観視しよう」と努めている傾向があります。自分が客観的に見ることで他の人のために何かができるはず、などと思っているのです。ただ、客観視することを大切にしている分、周りと一緒に盛り上がれないことや、感情に任せて行動できないことがあり、孤独感を感じることもあります。これから冷静な人になろうと思っている人にとっては覚悟も必要ということになるでしょう。

・まとめ

冷静な人は、あわてて行動したり、判断をミスしたりしないように動いているため、周りの人と比べたら、テンションが低くなることもあります。しかし、冷静な様子はどこか信頼でき大人っぽく映り、憧れの対象になることも多いですよね。上記の冷静な人の特徴を参考にしてみて、どんな風に考え行動したらより冷静になれるのかを考えてみませんか。

~ライフサポート・クリニックは、うつ・不眠・不安などの治療と共に、復職支援・発達障害・依存症の治療にも力をいれております~

+2