スタッフブログ

愛着障害(子ども時代を引きずる人々)

ずっと気になっていた岡田先生の「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」を読んでいます。

みなさんは、子どもの頃、お母さんにいっぱい抱っこしてもらいましたか?

たくさんの愛情を注いでもらいましたか?

いっぱいいっぱい甘えることができましたか?

“抱っこからすべては始まる”・・・赤ちゃんは、母親につかまり体に触れて、母親の温もりを感じることで安心できる居場所を確保しようとします。

母親が不在だったり、何らかの理由でスキンシップ不足や甘えが満たされないで成長すると、愛着形成がうまく育まれなくなると言われています。

愛着形成がうまくいかないと、 自分に向けられる愛情や好意に対して無関心になってしまったり、素直に受け入れることができなかったり、怒りを感じてしまったり、不安定になってしまうことも。。。

抱っこは、子どもの安心の原点であり、健全な成長を遂げるためにとても重要な行為なのです。

愛着には4つのタイプがあるのですが、この続きはまた次回に書きたいと思います。

~ライフサポート・クリニックは、うつ・不眠・不安などの治療と共に、復職支援・発達障害・依存症の治療にも力をいれております~