スタッフブログ

特別定額給付金をギャンブルに使う

「10万円もらったらパチンコに行く」

 あなたはこのような発言についてどう思いますか。

 公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」の調査によると、ギャンブル依存症経験者の多くが特別定額給付金10万円をギャンブルに使う懸念が強いことが分かりました。

この調査によると、もし回復する前に10万円の支給があったら23%が「家族の分も含めてギャンブルに使っていたと思う」と回答、47%が「自分の分だけギャンブルに使ったと思う」と回答しています。家族分もギャンブルに使われてしまう世帯は深刻な影響を受けます。

もちろん給付金を何に使用するかは個人の自由です。一方でもしその人が依存症だった場合、意志の力だけでギャンブルを止めることは難しいです。治療や家族相談など、依存症への対策が必要となります。

~ライフサポート・クリニックは、性依存症・クレプトマニア・ギャンブル依存症・ 薬物依存症・ゲーム障害をはじめとした依存症の専門治療に力をいれております~