デイケアプログラム

 

復職支援プログラム

うつ病、適応障害、自律神経失調症などで休職・失職中の方が社会復帰するためのプログラムです。

リワークプログラム9月

①「うつや不安」「怒りや孤独」といった症状に対し「信念の書き換え」「認知の変換」といった作業を通して、自己肯定感を育むことや対人関係の問題の改善を目指しています。当院では、新型コロナ対策としてオンラインセミナーを実施しています。

医師によるセミナーの様子

②参加者がそれぞれ本音を言い合うことにより、互いの理解を深め、自分自身の受容と成長、人間関係を円滑にすることを目的としています。

エンカウンターグループの様子

③ 心理プログラムでは、コラージュ療法などの心理療法を取り入れ、参加者の心の状態や無意識にフォーカスを当てていきます。実践的なワークを通して自己理解を深められるような内容を行っています。

コラージュ療法の様子

リワークフロアでは、新型コロナ感染予防として3密を避ける、安全な距離を保つ、こまめに手を洗う、室内換気と咳エチケット(マスク着用)などスマートライフを取り入れながら対策を徹底しております。

依存症 社会復帰プログラム

薬物やギャンブル、性や窃盗の依存症によって休職・失職された方が社会復帰をするためのプログラムです。

 
アディクションログラム9月

①対人交流の練習を目的としたアサーションプログラムを実施しています。自分の気持ちを伝えるのが苦手、人と衝突してしまい人間関係がうまくいかないなどの問題に焦点を当て、適切な自己主張をするために必要なスキルを学んでいきます。

 

アサーションプログラムの様子

苦手な場面を設定し、演習を通して自分の気持ちを相手に伝える練習を実施します。テーマごとに良い点や改善点、気になった点について振り返ることで対人スキルアップを目指していきます。

ロールプレイの様子

③運動をするとドーパミンやセロトニンが分泌されると言われています。ドーパミンは幸福感、セロトニンは抑うつや睡眠に効果があると言われ、やる気の向上やポジティブ思考にも影響してきます。集団で取り組むことで、モチベーションアップにもつながります。

運動療法の様子

アディクションフロアでは、新型コロナ感染予防として3密を避ける、メンバー同士やスタッフと安全な距離を保つ、こまめに手を洗う、室内換気と咳エチケット(マスク着用)などスマートライフを取り入れながら対策を徹底しております。

ライフサポートプログラム

「自己肯定感と人間関係」や「感情のコントロールと依存」について学ぶプログラムです。

LSPプログラム8,9月

①依存症に関する講義を毎週行っています。
脳科学編、心理哲学編、深層心理編の3部に分けて、6カ月にわたり実施します。依存症の幅広い知識や対処法が身に付きます。

LSP1
Life Support プログラムのセミナーの様子。

②新型コロナ対策も万全におこなっています。

・講師をはじめ参加メンバー全員がマスクの着用を徹底
・ウィルス除去機能のある空気清浄機を全てのフロアに設置
・来院時の検温、手洗い、アルコール消毒、換気の徹底
Zoomを使用したオンラインセミナーによる、参加メンバーの分散

などの対策をしています。

LSP2
オンラインセミナーの様子。

③現役プロボクサーが丁寧に指導いたします。
運動による依存症、うつ病、不安症などへの効果が注目されています。

密を避けるため4部構成にして人数を分散させるなど、新型コロナ対策も徹底しています。

LSP3
運動療法の様子。